もっと安全に。もっと快適に。

魚崎駅〜芦屋駅間下り線の高架切替えについて

2015/12/12

阪神本線住吉・芦屋間連続立体交差事業(住吉駅から芦屋市境までの約4qを高架化し、11か所の踏切を解消する連続立体交差事業)は、2005年8月に住吉駅から魚崎駅までの高架化を完了して、引き続き、魚崎駅から芦屋駅までの工事を進めておりました。この度、工事の進捗に伴い、2015年12月12日の始発列車より、魚崎駅から芦屋駅間の下り線(神戸三宮方面)を高架線路に切り替えて運行を開始します。
今回の切替えにより、11か所の踏切の遮断時間が短縮され、道路の交通渋滞が緩和されるとともに、列車運行の安全性も一層向上します。更に、新しく下りホームが高架になる青木駅及び深江駅には、ホームに通じるエレベーター・エスカレーター・待合所を新設しました。

深江駅
深江駅新駅舎
青木駅
青木駅新駅舎

このページの先頭へ